呑人不知
《6杯目》Gin Jin 神甚尽吟人

ジンジンジン(JinJinGin)と暑い夏が来た。 ジンといえば言葉遊び。呑み人の私はダジャレ好きで頭の中はいつもジン。だから今日のジン体験をどうginstagramに表現しよう?だとかginstagrammerとしての […]

続きを読む
呑人不知
《5杯目》缶入り”Sex on the Beach”!?

「RTD=Ready to Drink」と呼ばれる飲料カテゴリーがいま飲料界でアツい。読んで字の如く開栓開缶と同時に飲めてしまう「出来合い」の飲み物をさす。私は味覚嗅覚(味香り)もさることながら視覚触覚聴覚にこだわってな […]

続きを読む
ごはんのおとも
《5皿目》八十八夜

なーつもちーかづく八十八夜、ふーふふふふーふふふふーふふふふふふー…そんな歌も出だしくらいしか習った記憶がない私ですが、これは「茶摘」という歌です。八十八夜とは立春から数えて八十八日目が春と夏の変わり目で、茶摘や農作をは […]

続きを読む
呑人不知
《4杯目》クスリか毒か

「薬用酒」「薬酒」などと都合のいい言葉がある。高じて「健康酒」だとか「酒は百薬の長」なんて言葉まである。酒飲みが口実に使いそうな表現の数々だ。そこで、問う。酒は薬なのか、毒なのか。結論は「両方」。 「酒飲み」を自認するほ […]

続きを読む
ごはんのおとも
《4皿目》土のめぐみ

だんだん白衣が似合わないと言われ うちの会社にはさまざまな食品等が毎日ラボにやってきます。お水からお酒、お菓子に薬、果ては昆虫食からクレーム品、さらには新しい家電調理器具の効果の調査などなどでおかげさまで成り立っています […]

続きを読む
ごはんのおとも
《3皿目》もち食べた?

年末にもち米を一晩水に浸して、次の日蒸して、さあ餅つき! …というものなかなか物珍しいものになりました。都内でも町内会で集まって子ども餅つき大会など開催されますが、ノロウイルスなどの胃腸炎の流行、新型コロナなども懸念され […]

続きを読む
呑人不知
《3杯目》酒ならなんでも

「ジンがお好きなんですね」「なぜジンが好きなんですか」「日本人でジン好き、珍しいですね」「どのジンが1番好きですか」「えっジンのボトルを入れるんですか」 「毎日」とは言わないまでも「毎週」と「毎日」の間の頻度ぐらいで飲み […]

続きを読む
呑人不知
《2杯目》視覚の飲酒録

酒飲みの私はいい酒に出会うと記録したくなる。飲酒録の現代版といえば、それはSNS(Social Networking Service)を用いたものだろう。 SNSのデジタル記録は、スマホがカメラ付きで登場したことによって […]

続きを読む
ごはんのおとも
《2皿目》まずい!の科学

そういえば私、「うまい!の科学」という本を書いたんです。あんまり売れていません(笑)←買ってください。 さて、おいしいものにあふれている現代。ただ、おいしいもの以上に気になる?…それは「まずいもの」。先駆者はどの世界にも […]

続きを読む
呑人不知
《1杯目》ジン呑みの楽しみ

何かモノ言う機会がある時、酒飲みの私は「クラフトジンが熱い」と言う。でも、スマホ文化の光速で情報の飛びまくる世界では日本のジン文化の伝播はいま既にプライムを迎えつつある。 ジンに限らず日本人の最高の特性の一つが、世界に冠 […]

続きを読む