FoodyTopics
AI を活用した生鮮トマトの収量予測システムを開発・導入

~AI の農業活用によりムリ・ムダのない持続可能な農業生産へ~ カゴメ株式会社(本社:愛知県名古屋市 代表取締役社長:山口 聡)は、生鮮トマトの需給調整の際に重要な情報となる収量予測の精度を高めることを目的とし、カゴメの […]

続きを読む
TOP LEADERS INTERVIEW
ライフスタイルの変容を生み出すインキュベーター

―トライアルグループの挑戦― はじめに 「生活のラストワンマイルを支える小売業・流通業が、私たちのライフスタイルを決めている」――トライアルホールディングス代表取締役社長の亀田晃一氏の話を聞きながら、改めてそう思った。今 […]

続きを読む
FoodyTopics
REVORN、思い通りの香りを誰でもキーワードを入れるだけで調香できるToB向けの新サービス「調香AI」を開始

レボーン 香水やコスメティック用品における「香りのオーダーメイド」が手軽になることはもちろん、コーヒーやハーブティなどのアロマを楽しむ商品においても、カスタマイズを手軽に楽しめるサービスの幅が広がります 香り×AI×DX […]

続きを読む
FoodyTopics
風味と言語の総合変換を行う日本酒ソムリエAI「KAORIUM for Sake」を京都酒蔵館が導入

TechCrunch 香りを言語化するAIシステムであらゆるものに情緒的な体験価値をプラスする香りのビジネスデザイン集団SCENTMATIC(セントマティック)は、香りと言葉の相互変換を行うAIシステム「KAORIUM」 […]

続きを読む
TOP LEADERS INTERVIEW
Sony AIは、なぜ「ガストロノミー」を目指すのか?

2020年に設立された株式会社ソニーAIは、ソニーグループの既存の事業領域である「ゲーム」と「イメージング&センシング」に加え、新規探索領域として「ガストロノミー」をその研究開発のフラッグシップテーマに設定している。「ゲ […]

続きを読む
FoodyTopics
食料品配達のパーソナライズ化を実現するHungryrootが約44億円を調達|AIで買い物を予測 

FOOVO AIを活用してパーソナライズ化された食料品デリバリーを提供するHungryrootが、シリーズCラウンドで4000万ドル(約44億円)を調達した。 Hungryrootは調達した資金で、提供する食料品やレシピ […]

続きを読む